■髪に良い「乾かし方」

 

シャンプーは、抜け毛や薄毛で
悩んでいる人にとっては大切な
ヘアケアの基本ですが、

 

シャンプーをした後に行う
「髪を乾かす」作業についても、
抜け毛予防につながる大切な
ポイントがいくつかあります。

 

先ずはシャンプー後、
タオルで髪に付いている水分を
拭き取ると思いますが、
この時、ゴシゴシと力任せに拭き取ることは
絶対に避けてくださいネ。

 

髪をタオルで挟んで軽くたたくなどして、
頭皮をタオルで傷めないように
気を付けながら拭き取りましょう。

 

 

次にタオルで拭いた後は
ドライヤーで乾かすという人が
多いと思いますが、

抜け毛防止のためには、
自然乾燥が一番だそうです。

 

 

それは髪の主成分である
「ケラチン」というタンパク質が、
乾燥したり熱を受けたりして変性し、
切れ毛や枝毛の原因となり、
結果的に抜け毛を増やしてしまうそうです。

 

 

髪を早く乾かしたい時など、
ドライヤーを使う場合は、
髪に高熱が当たらないように注意し、
ドライヤーは必ず10㎝以上離して
使うようにしましょう。

 

そして風速は弱で、
温度調節が出来る場合も弱で使いましょう。

 

 

また、髪をすべて乾かそうとしないで、
8割位乾いたと思ったら後は
自然乾燥に任せるようにしましょう。

 

 

朝、髪をセットする時、
ドライヤーを使う場合は、
必ず髪を濡らしてから使うようにして下さい。

 

 

髪は乾燥にとても弱いので、
乾燥すると髪のキューティクルが
壊れやすくなり、切れ毛や枝毛の原因となります。

 

 

水道水で軽く濡らしても良いですし、
ドライヤー用のローションやムースなどを使っても良いです。

 

 

■ブラッシングで抜け毛予防

 

ブラッシングでのヘアケアについて

 

そもそもブラッシングとは、
髪の形を整えたり、
ツヤ感を出したりするために
行うものと思う人が多いと思いますが、

 

実はブラッシングは抜け毛予防にも
大切な働きをしています。

 

ブラッシングを行うことで
フケや汚れを取り除くことができ、
頭皮を清潔に保つことで抜け毛予防になるのです。

 

また、毛根を刺激して
頭皮の血行を良くする働きもあります。

 

頭皮の血行が良くなると、
毛根の新陳代謝が良くなって
抜け毛予防になるのです。

 

 

ただし、間違ったブラッシングは
頭皮を傷めて抜け毛を促進してしまうことも
あるので気を付けてください。

 

 

頭皮に優しいブラシを使って、
正しいブラッシング方法を行うようにしましょう。

 

最初に大切なブラシ選びから、
頭皮に優しいものが基本です。

 

ブラシの先端はとがっていないもの、
弾力性が有って、ブラシの目は細かすぎないものを
選びましょう。

 

できれば豚毛やイノシシの毛で
作られているブラシが良いです。

 

また、静電気を起こしにくい
ウッドブラシがオススメです。

 

静電気が起こりやすいナイロンブラシを使うと、
枝毛や切れ毛の原因になって
髪の毛を傷めてしまう場合もあります。

 

ブラッシングを行う時は、
髪の毛を少し濡らした状態で行いましょう。

 

ただし、濡らし過ぎると
キューティクルを傷つけてしまうことが
あるので気を付けてください。

 

ブラッシング専用のローションもあるので、
そうしたものを使うと抜け毛予防として
さらに効果的にブラッシングを行うことができます。