抜け毛や薄毛が気になる人には、毎日のヘアケアはとても大切なことです。

 

その中でもヘアケアの基本であるシャンプーはとても重要です。

 

今回は、シャンプーの後の「リンス」の大切さについてお話ししたいと思います。

 

薄毛で悩んでいる人の中には、シャンプー後のリンスはしていないという人が多いようです。

 

髪が細くてリンスをすると髪がヘナヘナってなるのでリンスなんてとんでもないという考えからのようです。

 

ですが、それは大きな間違いで、薄毛だからこそリンスをして髪を守ってやる必要があるのです。

 

リンスには髪にツヤ感を出してすべりを良くするなどの見た目に分かりやすい効果があります。

 

同時にキューティクルを保護して栄養補給をするという大切な役目もしているのです。

 

枝毛予防になり、髪にコシも出てくるので、薄毛や抜け毛で悩んでいる人にとっては欠かすことのできないアイテムなんです。

 

リンスと同じような働きをもつものにトリートメントやヘアパックがあります。

 

リンスとの大きな違いは粒子の違いで、トリートメントの粒子は細かいため、髪の内部にまで浸透していきます。

 

リンスは髪の表面に油分を与えてくれるのですが、トリートメントは髪の内部にまで水分や栄養分を与えてくれる働きがあるのです。

 

どちらも髪にとって重要な働きをしていますが、正しい方法で行うようにしましょう。

 

リンスやトリートメントは、頭皮に付ける必要はなく、髪の表面にのみ、毛先を中心に丁寧につけるようにましょう。

 

リンスはつけたらすぐにすすぎますが、トリートメントの場合は一定時間おいてからすすぎます。

 

すすぎは十分すぎるほど行ってください。

 

すすぎ残しがあるとフケや炎症の原因になって髪に悪影響を与えてしまうので、すすぎは念入りに行いましょう。

 

リンスやトリートメントを選ぶ時は、洗い流しやすいものを選ぶと良いでしょう。

 

リンスはシャンプー後に毎回行うものですが、トリートメントは1週間に1回程度で良いです。

 

自分の髪の調子をみて、どちらを使うか選んでいきましょう。